先日のフィギュアスケートNHK杯優勝、宇野昌磨選手が使っていたフリー後半の曲は以前当ブログでご紹介したハッセの"Mea tormenta, properate!"でしたね。演奏も同じオルリンスキ。凄くカッコいい曲なのでオペラと紹介しているところもありますが、れっきとしたオラトリオ=宗教音楽です。しかしこれを試合に使うとはさすがランビエール様。

欲を言えばピリオド楽器の演奏はテンポは速いけど音量が小さいので、もっと音を大きくしたほうが音楽のニュアンスが聴き取りやすかったかも。

ちなみにこの曲のイントロ部分は同時代のフランツ・ベンダの協奏曲ホ短調にそっくりです。どちらが元ネタかは分かりませんが、当時良く使われていた作曲技法ですね。

過去の記事はこちらから。

ハッセの音楽はこちら(youtube動画)

ロックバージョンもあるよ