東京芸大美術館で開催中の「日本美術をひも解く」展へ行ってきました。奈良時代から現代までの日本美術の名品が展示されていて、特に伊藤若冲の「鳥」シリーズには目を惹かれました。やはり大家と言われる人達の絵画作品は空間の埋め方が素晴らしいですね。もちろん絵は二次元ですが、その構図の三次元的配置という意味に於いて、西洋絵画には無い視点だと思います。それにしても宮内庁のアーカイブの虫干しも兼ねているのではないかと思わせる程の名作揃いでした。眼福眼福(笑)。

IMG_8563001