Rie-Zone

1/6のドール、ジェニーフレンド「リエ」のためのブログです

2013年06月

パラドックス

パラドックスといえば特殊相対性理論の「双子のパラドックス」が有名ですが、今回はパラドキシャル・マジカル・リエの登場。なんて妙な導入と長い名前で恐縮です。前回と同じキャスコレ13のミルキーピンク髪仕様です。何故かこのミルキーピンク髪はとても広がってしまうので撮影にあたって後ろで縛りました。

衣装はキャッスルの月間ドレス6月号。おそらくは夏全開のサマーリゾートドレスのはずなのに、このリエが着ると何故か夏全開に見えません(笑)。何を着せてもこのリエでしかない、逆説的で不思議なリエです。

ちなみにパラボックスはお人形屋さんです。












新しいカメラで撮ると非常にクッキリ・スッキリなので、前回より最後の画像だけ大きくしてあります。

Concerto Grosso

コンチェルト・グロッソ、つまり合奏協奏曲はオーケストラ全体が奏でる「リピエーノ」とヴァイオリンなどの独奏楽器「コンチェルティーノ」が交代しながら、めくるめく楽想を繰り広げるバロック時代に多く書かれた音楽の形式です。

梅雨の一日、日がなコンチェルトを聴いて過ごしたい・・・。キャスコレ13のリエを眺めているとそんな夢想が頭を通り過ぎます。バービーの赤いドレスとオレンジの髪。響きあう色彩と優雅に舞い踊るフォルム。それはまるで華麗なコンチェルト・グロッソのように思えてきます。












※クリックで拡大します

良いバランス

今回のリエもかなり昔のキャッスルリエ、赤茶の三つ編みが可愛いですね。ソバカスをつけるとそのまま赤毛のアンになりそうですが、今回はセーラー服で登場しました。このリエは入手した当初は三つ編みがややごつい感じがしましたが、今こうして見ると長さといい、太さといい非常にバランス良くまとまっています。

この子は確かに1/6のドールですが、人間をそのまま1/6に縮小した訳ではありません。当然1/6で可愛く綺麗に見えるバランスで造られています。それにこのリエはノーマルbodyからオビツに換装してあるので微妙にバランスは変化しています。それが大きな変化ととるか微細な変化ととるかは人それぞれですね。私はGood-Balance!だと思います。












貴婦人と一角獣

今日は六本木の新国立美術館へ「貴婦人と一角獣」展を見に行きました。フランスのクリュニー中世美術館にあるこのタピスリーは中世ヨーロッパ美術の白眉で、6つの連作はとても見ごたえがありました。非常に繊細な美術工芸品で、あちこちに散りばめられた動植物が印象的でした。ご多分に漏れず照明が暗いのが残念ではありますが。

ミュージアムショップではこの展覧会を記念したグッズが所狭しと並べてありました。おみやげに買ってきたのはゴンチャロフの缶入りチョコレート。今回は中世ヨーロッパということでマグダラのマリアをモデルにしたリエに再登場願いました。


乃木坂方面からのアプローチ


美術館内部は巨大な吹き抜け空間です




ちょっと悪そうなアングル(^_^;)




ゴンチャロフのチョコと共に。クリックで拡大します。

この貴婦人のような衣装が欲しいなあ!

心を映す鏡?

LC大宮の興奮も醒めやらない今日この頃、関東ではかなり湿度が上がってきて蒸し暑さに拍車がかかっています。体調を崩しませぬようご自愛ください。

今回はかなり昔のキャッスルリエ。顔にかかるくらいの前髪と全体のショートヘアのシルエットがリエの内面のナイーブさを物語っています。よく使われる言葉に「心を映す鏡」というのがあります。これは何かしらクリエイティブな作業の結果に対して用いられることが多いのですが、ドールの写真にも当てはまるのかも知れません。

つまり撮影した側の心がそのままドールにも現われているとしたら。そしてリエのここが「萌え」で、こんなところが「好き」というのがお伝え出来ればこんなに嬉しいことはありません。さて、今回のリエはいかがでしょうか。











LC大宮レポ・その3

その3はドールトランク。なんと第2次試作が登場していました。鏡の下のテーブルが丸くなってますね。あと作家さんたちのカスタマイズモデルをじっくり撮らせていただきました。肝心のリトファオーダーはリエが2体、お嬢様風リエとモード系リエです。選んでいたヘッドが転がって他のリエヘッドに混じって、分からなくなるというハプニングがあったもののなんとか乗り切りました。いやぁオーダーって面白いですね(^_^;)。

それと今回は昨日届いたばかりのカメラでいきなりの撮影でしたが、思ったより良く写っていました。スマホに繋げてシャッター操作が出来るので便利です。

※画像はクリックで拡大します。

第2次試作のドールトランク


カスタマイズbyみづしま


カスタマイズbyAi


カスタマイズbyPink Mania


カスタマイズbyステラ


本日の収穫。Sakura Cityさんのドレスと月間ドレス。


レポ終了

LC大宮レポ・その2

今回のLC大宮ドールはマリーでした。画像では良く分からないかも知れませんが、アイプリはイエローでした。マリーはなかなか化けてくれますね。それでいてお嬢様っぽさを失わないのが素敵です。

※画像はクリックで拡大します。

LC大宮マリー&7月1日発売予定のカフェテーブルとチェア。


リカちゃん・20周年記念モデル


復刻版初代リカちゃん&ドレス


復刻版初代いずみちゃん&ドレス これ欲しい!


こちらも復刻版日焼け肌ですね


復刻版ドレス・第2弾 素敵です!


作家さんシリーズのリカちゃん。みづしまさん


die Kieineさん


赤いカメラさん


air*skipさん


その3に続く

LC大宮レポ・その1

今日はリカちゃんキャッスルIN大宮でした。会場でまず目を引いたのが7月14日のLC大阪ドールのリエ。ワインレッドがかったアイプリを基調としたかなり大人っぽい仕様で、思わず連れ帰りそうになる程素敵なリエでした。着用しているのは7月の月間ドレスです。

今回はみんギャラのディーラーさんも多数参加されて、なかなか盛況でした。会場では桜まめ蔵さん、仙台から遠征中のヒミリさん、ぜちこさんにもお会い出来てとても嬉しかったです。やっぱりイベントはいいですね。

※画像はクリックで拡大します。

LC大阪リエ+7月月間ドレス


リップの色もいいですね!


大人っぽい印象のリエ


7月のTOGOドール・サヤカ+TOGOドレス


7月の月間ドール・アベル


LC新潟ドール・たまき+6月の月間ドレス


NewLFオリジナルシューズ


その2に続く。

トロピカルな

前回は初代リエのオリジナルでしたが、今回は初代子のカスタムドール。2度目の登場です。当然アイプリなどは共通なのですがとても同じ初代リエとは思えません。と書いてて本当に同じなのか段々自信がなくなってきました(^_^;)。トロピカルな衣装はバービーさんのです。

さて今度の日曜日はLC大宮ですね。もちろんリエをオーダーする予定です。大体アイデアは固まっていますが、現地でどんでん返しがあるかも知れません。最早気が変わることも含めてリトファオーダーの楽しさだと納得することにしています(笑)。大宮ドールは誰になるのか、ESCリエはいるのか、いろいろ期待が高まっています。












Cube

初代ボブガールリエが持っている立方体は、黄鉄鉱(パイライト)の結晶です。正六面体の頂点に斜め45度の角度で別の立方体が合わさるという、これまた自然界に存在し得ないような結晶。でもどうやっても立方体を破壊せずして組み合わせることは不可能なのです。

というわけで、新宿で開催されている「ミネラルフェア」を覗いてきました。目の保養ですね。いってみればドールショウの鉱物版で、ディーラーさんは外国の方が多いのが特徴です。

さて初代ボブガールリエ、以前カスタムの子は登場しましたが、オリジナルは初めてです。この子は前髪にちょっとクセがついてしまっているのがそのまま個性になっています。というかクセが取れないだけなんですけど(^_^;)。ちょっと幼さを残した表情が可愛いですね。












パイライトの結晶



看板だけ(^_^;)

神は細部に宿る?

ロマネスコというカリフラワーをご存知でしょうか? 自然界に存在するのが不思議なほど見事なフラクタル形状をしています。さて、このリエが着ているmomoko服には、何故か「神は細部に宿る」とプリントされています。この言葉はディテールを積み上げて細部を磨き込んでいくことは必要ですが、最後は全体との関係として見ることが大切だよ、という意味だったと思います。つまり「神は細部に宿る」というロジック自体、ロマネスコのようなフラクタル構造に翻訳可能なのです。

などという屁理屈はこの辺にして(^_^;)、今回は昨年のドールショウ34ドールのリエ。このコーデではかなりボーイッシュに変身しました。浴衣を着ていた時はあんなにガーリーだったのに。リエってほんとうに不思議な子ですね。














ロマネスコ 調理済

生き物係

タヌキ、いやアライグマを抱いているのはキャスコレ18のリエ。ピンク髪こげ茶髪に続いて3体目の登場です。彩色はおなじみ迫力のあるパープルベース、睨みが効いてますね。この目力を買われて我が家の生き物係を務めています。やんちゃなアライグマ君もリエのひと睨みでこんなに懐いてしまうほど。見ようによっては、アライグマ君を外敵から守っているようにも見えますね。(笑)

ところでリエに似合う生き物ってなんでしょう? 犬や猫はもちろん、ウサギとか、熱帯魚飼っていそうとかいろいろ思いつきます。ちょっとタヌキ顔なのでタヌキが似合うという説もありそうだし、意外に猛獣が似合う気もするし。なかなかオールマイティーに生き物と付き合っていそうなのがリエらしいと言えるのかも知れません。












入梅の頃

お気に入りの昨年10月の月間リエ、今回で3度目の登場です。前回はもの思う秋でしたが、今回は入梅にちなんで。なんとなく憂いに満ちた表情がそのような季節感を連想させるのかも知れません。ピンクのワンピはアゾン製です。梅雨時といえば紫陽花も良いものですが、我が家の近所でこの時期に目につくのがザクロの花。目にも鮮やかな朱色の花は雨に濡れてひときわ目立ちます。それに花びらが落ちた後の愕の部分がタコさんウインナーみたいで可愛いですね。

話は変わって、職場でも自宅でもアドビのフォトショップを使っていますが、今度課金制に移行したので、フォトショップ単体でも月々2200円かかるようになるそうです。まあ私の使い道ではエレメンツで十分なので、今のところ問題ないのですが、パソコンを新しくした時など、エレメンツの将来も含めてちょっと心配。














昨年のザクロの花(クリックで拡大します)
ブログランキング
月齢