Rie-Zone

1/6のドール、ジェニーフレンド「リエ」のためのブログです

2013年04月

憧れのツインテール

リエってかなりツインテールが似合うドールだと思います。この子もその一人。かなり初期のキャッスルリエです。前髪に見え隠れする眉の表情は、このリエの繊細で微妙な風情に一役買っています。ヘッドはこの頃のキャッスルリエに多いブルーの瞳に焦茶眉でオレンジリップの彩色です。赤いゴムバンドは劣化が激しいので左側だけ交換しましたが、やはり両方交換すべきでしたね。(笑)

紫色のチャイナドレスはアゾン製、かなり縫製がしっかりしています。最近アゾンはピュアニーモが主体なのでなかなか27cmサイズの衣装が出ませんね。少々寂しいですが、その分キャッスルに頑張ってもらいましょう。












ブルームーン

今回は2009年2月のサンクスフェア東京ドールのリエです。グリーンの瞳にイエローの星のこのヘッドは、我が家のリトファリエの中では多数派です。髪の毛のボリュームがすごいので、後ろで束ねてみると、かなり大人っぽい印象になりました。素敵な紫のカクテルドレスはキャッスル製の22cm用です。

ところで2009年、このリエが発売されたサンクスフェアは、まだ馬喰町の綿商会館で開催されていた頃でした。リトファオーダーしたドールが実際に試作されて展示されていましたね。うちのキサラも登場しています。という事はあの仕様のドールはこの世に2体存在することになりますね。(笑)












inspire

今回のリエは映画パラダイスキスの北川景子ちゃんにインスパイアされました。原作は読んでないのですが、映画自体は色彩の美しさがとても快感でした。この感じはMacで画像を表示させた時に似ているかも。それはともかくこのリエちょっと気が強そうで厭そうな感じがこの制服に似合っていると思います。

キャッスルのお買い物バスツアーの案内が出ましたね。かなり以前のことですが、お買い物ツアーに参加したことがあります。リトファオーダーも出来るし、個人で行くよりかなりお得感がありました。さて今回はどうしましょうかね?












ブキーポップ

今回は「ブギーポップは笑わない」より宮下藤花の別人格ブギーポップのドールです。そもそもこの原作を読んでいないので、この子が死神であるということ位しか分からないのですが、それにしては顔色が悪く唇の色が薄いくらいです。ややゴシックではあるものの可愛らしい感じなのはキサラヘッド故の人徳(?)のようなものでしょうね。(笑)

アイプリのデザインは宮下藤花と同じ。肌はかなり特殊な白肌で、ボディはmomokoの白肌がベストマッチングでした。この子も毛先がかなり痛んできてるので、リメイク要員に入っています。目の色が薄いので中世ヨーロッパのお姫様系が似合いそう。折しもクリュニーより「貴婦人と一角獣」のタピスリーが来るのでインスパイアされたいところです。













宮下藤花ドール

今回はブギーポップは笑わない・宮下藤花ドールの登場です。この子の別人格ブギーポップもドールになっています。リエと同じキサラヘッドで横目、リエよりも眉はかなり下がって見えます。リエを上回る屈託ちゃんですね(笑)。普通肌なので色の近いボークスのボディに変えています。衣装はキャッスル製です。

非常にリエ的なドールでお気に入りの一体です。良く観察すると眉はもちろん、まつ毛、瞳の色、虹彩や星に至るまで別物のデザインですね。実はこの子、次のリトファでリメイクをたくらんでおります。髪色は何色にしようかな?












ESCリエ・まとめ

今回登場したESCリエで集合写真を撮ってみました。こうして並べてみると、なかなかゴージャスです(笑)。リエは視線の向きがはっきりしているので、微妙な角度の違いでそれぞれの表情をシンクロさせたり、ランダムにすることが出来ます。面白いですね。

履物にもよるのですが、オビツボディが背が高く抜けて見えます。次にmomokoボディ、日焼けノーマルボディはヒールのあるブーツ履いてますがやや小柄です。比較しなければ感じないのですが、やはりmomokoボディが可愛く見えますね。オビツは全体のボリューム感を出したい時に良さそうです。

※画像はクリックで拡大します。











ESCリエ・その4

第4弾はこのリエ、以前制服を着て登場したリトファ・リエにそっくりの彩色ですが、良く見ると眉の色がこちらの方が薄いですね。もしかするとリトファ用に試作したヘッドがESCリエになったのかも知れません。ウルトラマリンのアイプリとやや薄めの眉の相乗効果でとても優しげな印象を受けます。同じヘッドで別の髪色が欲しくなりました。

今回まとめてご紹介したESCの子達は、同じリエとはいえみんな印象が異なっていて、それぞれに可愛らしさのベクトルが違っています。ドールは、彩色の色調、濃淡、髪型、髪色の組み合わせが無限なので、コーデを含めて自分なりに可愛らしさを引き出すのは難しくもあり同時にとても楽しいことですね。














クリックで拡大します

ESCリエ・その3

ESCリエ第3弾は日焼け肌です。ブルーのアイプリにブラウンの眉とリップ、なかなか気合いの入った彩色です。特にチョコレートのようなブラウンのリップはリエでは初めて見るような気がします。褐色の肌に良く映えますね。

今回入手したESCリエ達はどれも縦ロールが8本入って3675円でしたのでかなりお買い得感がありました。それで気を良くして沢山購入するので結局散財になります(笑)。ドレスは22cm用。ノーマルボディなのでそんなに違和感がありません。ちょっぴり70年代風になったかな? あ、ヘアバンド付ければもっと気分が出ますね。












ESCリエ・その2

ESCリエ第2弾はオータムコレクション・リエのヘッドを使用したこの子。グレーの瞳にグレーの眉、前髪のあるオータムコレクションに比べるとかなりクッキリした印象になっています。それもそのはずで良く見るとリップの色がオータム・リエのピンクから大人っぽいベージュに変更されています。角度によってはやや企み顔に見えなくもありませんね(笑)。ドレスは何度目かの登場、マドモアゼルQのドレスセットです。

そういえばそろそろ次のキャスコレが発表されても良い時期になりました。5月のドールショウの前辺りに出るかも知れませんね。今度はリエがいるといいな。眉とリップの色が薄めの子を是非!













ESCリエ・その1

先日のLC横浜でめでたくゲットしたESCリエ第1弾。ベースになっているのは2010年2月のサンクスフェア東京のリエです。鮮やかなターコイズブルーの瞳が特徴的、昨年のハロウィンの時に登場した子ですね。素敵なドレスはLC横浜のみんギャラのディーラーさんで入手しました。

このアイプリだとハニーブロンドというイメージが定着していたのですが、このリエで見事に固定観念が覆されました。自分がリトファをした場合には多分オーダーしない髪型なので、ある意味新鮮な驚きを感じます。














初代リカちゃん(オリジナル)登場!

LC横浜で復刻サイズの総レースドレスを入手したので、初代リカちゃんに着せてみました。この初代リカちゃんは発売された当時のもので、我が家の家宝でもあります。もちろんワンオーナーです(笑)。復刻版の画像も載せておきましたが、オリジナルの方がまつ毛がシャープで色も落ち着いた感じがします。当然経年変化を考慮する必要がありそうですね。星の位置も若干異なるようです。

最後の画像は復刻版のパンプス。これは新しく型を起こしたもののようです。とにかくこうして復刻サイズで新製品を出してくれたことは歓迎すべきことですね。20周年記念にとどまらず今後の展開に期待したいです。










↑こちらが復刻版です




LC横浜レポ・その2

その2はLC横浜ドールのシオン、仙台ドールのジェニーフレンド(旧ティモテ)から。シオンはかなりの美人なので欲しかったのですが、なんと!ESCドールにリエがずらりと(大袈裟?)並んでいまして、熟考の末に4体だけ(!)連れ帰ることにしたので今回は見送らざるを得ませんでした。その余波を受けてリエのリトファオーダーも1体ということに相成りました。(^_^;)

ESCリエは髪色こそ同じでしたが、アイプリ、肌色、髪型等いろいろバリエーションがありました。ようやくESCドールにリエが復活しました!

※画像はすべてクリックで拡大します。

LC横浜ドールのシオン、すごい美人です


LC仙台ドールのジェニーフレンド


4月月間ドールのミツキ3種類


TOGOドールとTOGOドレス


4月TOGOのカオリちゃん、可愛い!


20周年記念のNewアンダーウェア


発売が待ち遠しいドールトランク


本日の収穫!ESCリエたち(お披露目は後日に!)


追記 他社ドールのリメイク受付は引き続き行っていました。

LC横浜レポ・その1

リカちゃんキャッスルin横浜レポ・その1です。前日から荒れ模様だったお天気も回復し、やや風は強かったものの快晴になりました。今回は開始まで時間があったので山下公園を散策して会場へ。余談ですが埼玉の我が家から横浜まで、電車で乗り換え無しで行けるようになったのでかなり便利になりました。

さて、やはり今回の目玉は20周年記念の復刻版初代リカちゃんといずみちゃんでしょう。ボディが今の22cmよりも小さめなので、復刻版のパンプスやドレスもかなり小さかったですね。ドール自体はさすがに新品なので、我が家にいる初代リカちゃんと違ってアイプリもパッキリ、髪型もオシャレで現代的でした。

それとキャッスルのアナウンスにはなかったと思いますが、LC横浜ドールのシオンが発売されていました。かなり美人なので欲しかったのですが、後述する理由で今回は諦めました。

※画像はすべてクリックで拡大します。

山下公園といえばお約束の「氷川丸」


会場入り口


20周年記念のリカちゃんたち


復刻版初代リカちゃん


復刻版初代いずみちゃん


復刻版のシューズ・型があったのでしょうか?


キャッスル制服を着た20周年記念リカちゃん


同じく制服着用のLC神戸ドール・ジュディ


その2につづく。

夜会服

3月TOGOのイブニングドレスに、あえて黒髪ストレートロングのリエを合わせてみました。これから髪を結ってもらうのか、あるいはドレスを試着しているだけなのか、どっちつかずの風情が危うさを醸し出しています。ちょっと背伸びをしたい年頃のリエ、ミスマッチさに心惹かれます。

ところで、今年のTOGOドレスはスリムかつゴージャスで、ドール密度の高い我が家の棚でとても重宝しています。4月の赤もなかなか素敵。LC横浜で入手できるといいですね。












続・水玉さん

先日に続き水玉ドレスです。モデルはキャスコレ8のリエ、前回登場したハニーブロンドに変わって橙茶の子です。髪色が眉の色と近いせいかハニーブロンドに比べるとなんだか困り顔。困り顔が素敵!というのも困りものですが、リエの場合は仕方ありませんね。またこのリエは目で訴えかける力もかなりのもので、いろんな角度から様々な表情が引き出せました。

次の日曜日はLC横浜ですね。お天気がちょっと心配ですがリエを2体オーダーするつもりです。凝った仕様にするか、シンプルにするか、両方欲張るか、迷うのも楽しいものです。(笑)












4月1日的妄想

4月1日付~ソ力ちゃんキャッスレのニュースリリースより

この度弊社では、最新鋭3Dプリンターによるドール製造技術を確立、受注を開始しました。特に超高精度3D技術により従来の1000倍の精度での造形が可能になったため、弊社ドールすべてのモデルで、喜怒哀楽の表情を自由に表現できるようになりました。

もちろん彩色・髪型・髪色・肌色・メイクに至るまで事実上無限の組み合わせが可能です。更にボディも一体成型のためあらゆる体型で全く継ぎ目のないシームレスフル可動ボディを実現しました。

完全受注生産で一体3万円。最終的な仕上げは弊社技術者の手により入念に行われます。受注は3Dシミュレーションが可能な専用アプリから。

(以上妄想終了)

失礼しました。(^_^;) 10年後にはこういう妄想が実現するかも知れませんね。

さて、新年度初はキャスコレ13のリエです。キャスコレ13は2008年頃の登場ですのでかれこれ5年前になります。オプションで両サイドアップが選べましたが、この子はノーマルの仕様。茶色の髪色と髪型が相まってとても大人っぽいリエですね。心なしかこのリエいつもより冷かな表情なのは上の妄想のせいかも知れません。












ブログランキング
月齢