Rie-Zone

1/6のドール、ジェニーフレンド「リエ」のためのブログです

LF大宮リエ・ボリュームVer.

早速ボリュームのある衣装を着せてみました。いつぞやのTOGOドレス、こちらの方がバランスよく見えます。しかしバックと色合いが殆ど同じなのはご愛嬌ということで(^_^;)。

th_img20111224195940199


th_img20111224200038374


th_img20111224200720795


th_img20111224201009757


次回につづく。

リトファ大宮のオーダーリエ・その2

その2のリエはオーソドックスなサイド1本の3つ編み。60年代のツィッギーの画像からヒントを得ました。当初はもっと清楚なドレスを着せようと目論んでいたのですが、紫に合わせて赤系のカジュアルを着せてみると意外に似合ってしまいました。予想から外れた意外性こそお人形遊びの醍醐味かも知れません。

彩色は深みのあるブルーのアイペイントが特徴ですが、もしかすると以前登場したことのある彩色かも知れません。もっと系統立てて彩色のヴァリエーションを整理をすると良いのでしょうね。言うは易しですが(^_^;)。

th_img20111223225130432

サイドの一本出しからはリズムが生まれます

th_img20111223225632901

コントラストの強い彩色ですが、意外におとなしめの顔

th_img20111223225205860

帽子が良く似合います

th_img20111223230254714

ロンドンあたりにいそうなリエ

th_img20111223225712965

ヘッド詳細。どこかで見た彩色です


次回へつづく。

リトファ大宮のオーダーリエ・その1

本日、12月4日のリトファ大宮でオーダーしたリエが届きました。モデルは15世紀ヴェネツィアの画家、カルロ・クリヴェッリの「マグダラのマリア」です。15世紀の絵画などという無理難題のオーダーしてしまいましたが、絵はあくまでも参考に後はリトファの担当さんにおまかせしました。

その結果がこれです。2次元の絵からどこから見ても破綻のない立体造形を創り出す、素晴らしい技術と出来栄えです。ヘッドの彩色はグリーン基調のワンオフだと思われます。

しかし見れば見るほどギリシアというか東地中海の雰囲気が出てきました。マグタラのマリアというよりギリシア神話の女神ですね!

th_img20111223193951414

思わず見とれてしまいました

th_img20111223173321899

サイドはこうなっています

th_img20111223193538711

額サイドの飾り毛が繊細!

th_img20111223173412199

もう少しボリュームのある衣装がいいかも

th_img20111223203254850

ヘッド詳細。ビーナスなリエ


オーダーリエ・その2は後ほどお披露目します。

次回につづく。

メランコリー

いつもはそうでもないのに、写真に撮ってみると印象が変わる子がいます。今回のリエもそうです。リエの視線は右向きなので左に分岐を作ると前髪が自然と視線を遮る形になります。その為か妙に物憂げな表情になりました。リエだけの特技です。

この子のモデルは確かフローラです。リトファでオーダーする時、いつもいろんなお人形を参考にしたり、いろんな画像からヘアスタイルのヒントを得たりするのですが、一番多いのが同じキャッスルのドール達。フローラを見て自然にリエの顔が重なってしまいました。というか何を見てもリエに見えるのが私の特技(^_^;)。

th_img20111221200914494

正統派美人なリエ

th_img20111221202454667

この角度だと妙に髪の毛が多く見えます。

th_img20111221202535088

「ちょっと拗ねてみようかな・・・」

th_img20111221200946199

物思う表情はリエの特権

th_img20111221201029156

ヘッド詳細。青目はリエで一番多い色


次回につづく。

モバイルなリエ

モバイルといってもこの子を外に連れ出すいうわけではありません。なんとなくこのリエはいつもどこかへ出掛けたそうな、そんな雰囲気の子なのです。ちょっといたずらっ子で、目を離すと裸足のままで出かけてしまうような、猫のようなリエ。自主独立のリエらしいリエ。カメラでも持たせてみたいですね。

モデルはリカフレンドだったような気もしますが、違う気もします(^_^;)。ヘッドの彩色はワンオフだと思われます。衣装はドールイベントで購入。

th_img20111220200033259

少年リエ・・・

th_img20111220200059516

「ちょっと出かけてくる・・・」

th_img20111220200123058

何か考えているような、いないような

th_img20111220200144902

何かを見つめているような、いないような

th_img20111220200204514

ヘッド詳細。近づいてみると女の子ですね。


次回につづく。

クリスマスリエ

クリスマスドレスのモデルをどのリエにしようかといろいろ試していたのですが、結局黒髪ショートのこの子に落ち着きました。いつもは秘書の格好をしています。髪型はキサラをモデルにしたスタンダードなショートヘア、前髪有りです。

リエって不思議なことに、見れば見るほどリアルな女の子に見えることがあります。このリエもそうですね。表情が生きているというか、生きている瞬間をこの表情に封じ込めたというか(同じこと?)。もちろん彩色によっても「生きている感」は変わってきますが。

今年のクリスマスドレス、生地が厚手のフェルトなので着こなしに工夫がいるかも知れません。でもこのシルエットは素敵、デザイナーさん頑張ってますね!

th_img20111217210525987

一足お先にメリークリスマス!

th_img20111217210605016

付属のネックレスやバッグも繊細なものです

th_img20111217210651346

リエさんおめかししてどこへお出掛けでしょうか?

th_img20111217210726234

素晴らしいシルエット!

th_img20111217184038032

ヘッド詳細。周りの赤が写っていい表情になりました。


次回につづく。

歌のおねえさん

今回のヘッドはおそらくオーダー時に用意してくれたものだと思われます。アイシャドウだけブルー系であとは淡いグレー、アイラインは少し茶色がかって見えますが実に綺麗な彩色ですね。リエってくっきりした彩色も似合うのだけど、淡い彩色は何ともいえない雰囲気が出ます。やはりリエの個性でしょうか。

昭和風な髪型に合わせて、衣装も昭和レトロなものにしました。但しアゾンのピュアニーモ用ですので、オビツの27cmに着せるとこのとおり。「歌のおねえさん」の衣装が小さかったことにして、あとはリエのキャラクターでカバーしてもらいましょう。(^_^;)

th_img20111215171021062

60年代にいそうな女の子

th_img20111215171042943

たくらみ顔、何かみつけたのでしょうか?

th_img20111215171110501

「焼き芋屋さん、ひとつくださいな!」

th_img20111215171143016

「歌のおねえさん」のバイト中、ちょっと抜けてきました

th_img20111215171204628

ヘッド詳細。美人顔です


次回につづく。

夏のお嬢さん

これまた季節感のないタイトルですが、今とは別の季節に思いを馳せることが出来るのが大人のお人形遊びの特権なのです。

髪型は以前発売された月間エリーを参考にしました。それと確かこのヘッドは2009年のサンクスフェアで発売された、オフホワイトのウェイブヘアのリエのだったと思います。

が、うちにいるブロンドで2テール三つ編みのリエもこの彩色のヘッドを使っていました。でもよーく見ると眉の色が若干違っているような気もするし。三つ編みの方が確か先に出ていたのでオフホワイトはそれのリメイク版かも知れません。まあ、こだわらないのがこだわりのRie-Zoneなので良しとしましょう!

th_img20111213180652299

昭和の夏休みこんな女の子がいたような気がします

ちょっと顔が暗かったかな

th_img20111213180711362

わたしの麦藁帽子、どこへやったの?

th_img20111213180728762

魔性のアングル

th_img20111213180758624

衣装はアゾン製

th_img20111213180815109

ヘッド詳細。意外に気が強い子かも・・・


次回につづく。
ブログランキング
月齢