Rie-Zone

1/6のドール、ジェニーフレンド「リエ」のためのブログです

モバイル・リエ 夏服Ver.

まだまだ暑いので以前登場した「モバイルなリエ」を夏服に着替えさせました。この子はボーイッシュなレイヤードのショートヘアで、行動的な印象を受けます。今回は先日アゾンで入手したセーラー風の女の子らしい服を選んでみました。ちょっとミスマッチな感じもしますが、このリエの多彩な表情に不思議な魅力を添えています。

ところでこのリエ、彩色のせいか髪色のせいか、とても撮影が難しいのです。どこか捉えどころがないというか。最後にライティングを変えたのをのせてみましたが、ドール撮るのってやっぱり難しいですね。(だからこそ撮り甲斐があります(^_^;))











アートの祭り

芸術の秋というには暑すぎますが、上野の東京都美術館に「院展」を観に行きました。職場にいただいた招待券行使のための仕事です、一応(^_^;)。で、東京都美術館では現在フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」が超有名な「マウリッツハイス美術館展」を開催しておりまして、入口はもとより長蛇の列が出来ていて「院展」目当ての私はぎょっとした次第です。

肝心の院展はといいますと、毎年そうなんですが、それぞれ大作揃いでしかも物凄く細かく「書き込んである」作品が数百点もあるので見るのが大変なのです。その中で目を捉えて離さなかったのが平林貴宏氏の「表象と消費」。水墨かと思わせるようなモノクロームの着物の少女がそれはそれはゴシックに表現されて異彩を放っていました。思わずこの作品の前で足を止める人も多数。平林氏は院展に何度も登場しているのですがこれ程のインパクトは初めてです。初めて院展の絵で欲しくなりました。松井冬子氏の作品も衝撃的ですが、松井氏を「静」とすると平林氏は「動」でしょうか。うまい表現が見つかりませんが・・・。

このインパクトをリエで表現してみたいなぁ。できるかなぁ。


よこめスキーに人気(?)のフェルメール

夏の想い出

リトファ東京の蔵出し画像です。もちろんリエが中心。うちのリエはどうやら良い夏の想い出が出来たようですね。

画像はクリックで拡大します。


キャッスルの水着はスカート付きでした


バックをボカして遠近感を出してみました


主役の交代です


左の子はヒミリさんちのレディガガリエ


ここにも人待ち顔のリエがいて・・・


3人3様のリエ

新学期!

新学期が始まりましたね。勤め人としては、あの夏休み明けの懐かしさと一抹の寂しさが入り混じった気分をリアルタイムで味わうことが出来ないのが、ちょっと残念な気がします。さて、新学期を迎えたリエ、余り日焼けしていないところを見ると、海へも行かず日々淡々と過ごしていたのでしょうか?

制服は先日アゾンで入手したサアラ服。ピュアニーモ用ですが27cmでも問題なし、ツーテールに良く似合います。モデルは「夏のお嬢さん」リエです。










Robe Rouge Rie

幼い感じだった「お留守番リエ」に化けてもらいました。やはりリエはなんでもこなしてくれますね。その手のポーズは「何か頂戴」でしょうか? それとも容疑者に詰め寄って「拳銃をよこしなさい!」と一喝している女刑事でしょうか・・・。かくしてリエ世界は曼荼羅のごとく広がってゆくのでした。

真紅のドレスはリトルファクトリー製。このシリーズはリトルファクトリーの初期に出たもので、お気に入りで何着かリエに着せています。特にこの「赤いドレス」はリエの個性が際立つ勝負服なのです。






「とうとう尻尾を出したわね!」


「その銃をよこしなさい!」


ESCリエ・その2

このリエも縁あって我が家に来たイベント・スペシャル・コレクションです。オーソドックスなセンター分けソバージュ、なかなかハッキリした顔立ちのリエです。といっても前回のESCリエと同じヘッドですので、髪型だけで随分印象が変わるものですね。

ドレスはキャッスルの月間ドレス8月号。ちょっと異国の制服のようにも見えます。帽子と組み合わせるのも良いかも知れません。

考えるにESCドールは、キャッスルコレクションから派生したバリエーションのような気がします。通販のキャスコレは期間限定、ヘッドとヘアスタイル固定でヘアカラーがチョイス出来る設定。片やイベントのESCは期間限定(イベント毎?)のアイプリとヘアスタイル&ヘアカラーの組み合わせで展開。ここしばらくはESCとキャスコレの2本立てで行くのでしょうか。などと次のキャスコレが発表されないのでちょっと気を回してみました。(^_^;)









ESCリエ・その1 プチカスタム

リトファ東京で入手したイベント・スペシャル・コレクションのリエです。縁あって我が家にやって来ました。実はこの子はストレートな前髪だったのですが、ラウンドにカットしてしまいました。やはり眉はリエとしてのイメージを昇華させるアルゴリズムであり、リエは決してキサラのメタモルフォーゼではないのです。←なんちゃって、眉を見せたかっただけ。

カットしてみるとかなり幼い感じになりました。なんとなくピュアニーモボディでもいけそうですが、キサラヘッドをピュアニーモボディに付けるとヘッドが小さく感じて妙にアンバランスなのです。

ドレスは「お買い物大作戦2」で入手した「sankaku FR△SCO.」さんのです。上品な生地を繊細で優雅なフォルムが引き立てます。他のリエにも着せてみたい!









リトファ東京リエ

リトファ東京の余韻に浸っているうちに、もう3日も経ってしまいました。そろそろリトファ東京リエが痺れを切らしているようです。リトファ東京リエ、正統派の美少女です。2代目風に前髪を撫で付けてあるせいか顔にあまり影が出来ず、とても写真が撮りやすいリエでした。

不思議なことにイベント会場や店頭などで見た時と、自宅で開封してじっくり見た時の印象が異なる子がいます。このリエもその一人でした。もっと自己主張の強い子かと思っていましたが、意外にやさしい感じの表情なのでビックリです。いやでもこの子も化けるかも知れません、リエのことですから。










ブログランキング
月齢